AGAセルフチェック方法に関しての情報

AGAが発症すると薄毛になる確率が劇的に高くなりますのでAGAの心配をする男性も多いようですが、思春期以降の男性は誰でも発症する可能性があると言えますので、薄毛にならない為にもしっかりと予防を行っていくのが薄毛に悩まされない為のひとつのポイントです。
そしてAGAになる可能性及び発症の兆候を確認する方法がありますので覚えておくことをお勧めします。

AGAが発症する可能性がある人には特徴があり、それは薄毛遺伝子を持っているかどうかなのですが、遺伝というと両親の髪の毛の状態が気になるところではあるものの、しかし遺伝をチェックする際には母方の父親、つまり祖父の髪の毛の状態をチェックしてみることも大切です。
祖父の髪の毛の状態を確認した方が良い理由として、まずAGAというのは5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素がひとつの原因になり、還元酵素が男性ホルモンのテストステロンと結合すると脱毛物質に変換されてAGAの発症リスクが高くなります。
そして還元酵素は両親から遺伝しますが、しかしながら還元酵素があるからといってただちにAGAが発症するのではなく、感受性もAGAを発症させる為のキーポイントであり、感受性が低ければ還元酵素があっても薄毛になり難いとされています。
では感受性はどこから遺伝するのかと言えば母方の祖父のXY遺伝子であり、祖父が薄毛になっているようなら要注意と言えるのです。
抜け毛増加を感じた時にも発症リスクがあると言えますが、特に抜け毛の数が1日に100本以上を優に超えているようなら要注意と言えますし、そして抜け毛をチェックした際にミニチュア毛とも言える短い抜け毛が目立っている時には特に危険性があると言われています。
そもそもAGAというのは脱毛物質の作用によって髪の毛のサイクルである毛周期が狂ってしまっている状態なのですが、毛周期のひとつである成長期が短くなっていますので、それによって髪の毛の成長がストップしてしまい、結果的に抜け毛の本数が多くなったり、成長し切っていない短い抜け毛が目立つようになってしまうのです。
その為、抜け毛が多くなってきた時にはAGAの危険性がありますし、また、髪のコシとハリが感じられないようになっている時には発症した可能性が高いと言えますので、抜け毛をチェックしてみたり、髪の毛を触って弾力を確認してみることによってセルフチェックをしてみることができます。
頭頂部や生え際の髪のボリュームが減ってきた時にもAGAの可能性がありますが、AGAになると頭頂部、もしくは生え際から薄毛になりますし、また、体質によっては双方から同時に薄くなりますので、該当箇所が薄くなってきた時にはAGAを疑うのが基本と言えます。

AGAのセルフチェックの方法は以上のようにいくつかあるのですが、どれかひとつでも当てはまるようですと薄毛になる可能性がありますし、特にAGAは強力に脱毛を促進する脱毛症ですので、薄毛が気になりはじめてから短期間で薄毛になる可能性があることを知っておいた方が良いと言えます。
そして症状が見られた時には速やかに治療を受けることが大切であり、現在ではAGAに有効な治療法が確立されていますのできちんと対策をすることによって回復できる可能性も高く、実際に治療を受けて薄毛を改善できた例も沢山ありますので薄毛になりたくない時には治療を検討してみた方が良いでしょう。
ただし、薄毛になる原因はAGAだけではありませんし、別の原因によって薄毛になっている時には原因に適した対策をしないと改善することは難しくなりますので、薄毛の原因を見極める為にも病院に行って相談をしてみた方が良いと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です