AGA患者数の推移に関して詳しく解説します

男性にとって頭髪はとても大切なもので、ある意味、自分の外見や第一印象を決定付ける要素とも言えるほどですが、しかし若くしてこれらが抜け落ちて頭髪が深刻な薄毛に見舞われることも少なくありません。こういった薄毛症状は日々、鏡の中の自分の姿を見つめるだけでストレスとなりますし、仕事で取引先の担当者と打ち合わせをしている時でも、あるいは異性とデートしている時でも、相手の視線が頭部に及ぶことが気になるなど極めて強いコンプレックスとなって、すっかり自信を喪失してしまう精神状態に陥ることもあるでしょう。

これらの薄毛症状には様々な原因が関わっていますが、大きく三つに分けると、まずは頭皮環境の不衛生化が挙げられ、次に生活習慣によるホルモンバランスや頭皮の血行の悪化があり、さらにはこれらとは一線を画した病気症状であるAGAが大きく関わっているものもあります。このAGAとは男性型脱毛症と呼ばれるもので、精巣で作り出されるテストステロンという男性ホルモンと頭皮付近に存在する5αリダクターゼという酵素が出会って反応し合うことでDHTという物質を作り出し、これを毛乳頭が感知するとただちに頭髪の成長が終了してしまったものと判断して栄養分の補給をストップさせ、栄養不足に陥った頭髪はそのまま抜け落ちていくままとなってしまうのです。

こういったAGAは近年の医学の進歩によって大きく取りざたされるようになってきた症状ですが、年々増加傾向にあり、現在の統計ではAGAの人は全国で約1,260万人以上を記録しており、日本人の人口が1億2000万人であることから概算では約10人に1人が男性型脱毛症という割合となっています。

かつてはこのような薄毛症状に陥ることはとても恥ずかしいと思う人も多く、さらに薄毛治療のために通院していることをひとつのコンプレックスのように感じて人に言えないことと受け止める人も多かったようですが、最近では身の回りの内科や外科や皮膚科、美容クリニック、そして薄毛治療専門クリニックなどでもこうした病気に対応できるようになってきており、昔に比べて気軽かつ簡単に診察を受けることができる現状にあり、実際のところの数値としてはケアを実施済み約650万人にのぼる勢いを見せています。

とりわけAGAに関しては早期治療が効くと言われており、ずっとそのままに放置しておくとだんだんと治療効果が出るのにも時間がかかるようになってしまいます。AGA治療の進歩も顕著で、最も一般的なものとしては飲み薬を用いた治療法が知られており、これはフィナステリドと呼ばれる成分を含んだプロペシアなどの錠剤を処方することで5αリダクターゼの2型の働きを抑制し、それによって男性ホルモンとこれらの酵素が反応してDHTを作り出すのをできるだけ制限することによってAGAの発症を抑制することが可能となります。さらにこの治療に加えて、ミノキシジルという成分を含んだ塗り薬を頭皮に塗り込むことで頭皮の毛細血管を拡張させ、血流量に乗せて多くの栄養分を毛乳頭へと運搬できる状態を整備するというのも効果的です。

さらにAGA治療の進歩はこれ以外の専門治療も患者に提供しています。まずは成長因子や栄養分を混ぜ合わせた特殊な液体を薄毛を発症した頭皮に注射し、それらが頭皮の環境変化を促して毛髪が育ちやすい状態を作り出すようにします。そして人工毛や自毛を薄毛部分に植毛するという手法も知られており、特にAGAによって毛根が失われてしまっている場合にはこういった自毛の植毛によって毛根部分の定着を促して、遺伝子的にもより良く成長していくように育てていくという手法も有効です。まずは気軽に医師の診察を受けた上で、金銭的にもコンディション的にも自分のニーズと合致する手法を選択してAGA治療に取り組んでいくことが求められるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です