AGA治療薬のプロペシアに関して~その効能や注意点

AGAが発症する原因は様々ですが、その最たるは男性ホルモンと特定酵素の働きにあるとされており、これは男性ホルモンが毛母細胞に存在する男性ホルモン受容体に結合すると、そこで特別な酵素、5α-リダクターゼが男性ホルモンに作用し、その結果として男性ホルモンがDTHと呼ばれる、より強力な男性ホルモンであるために頭皮に悪影響を及ぼし、そこから脱毛を誘発してしまう物質に変換されてしまうため発生してしまうと言うメカニズムです。
このようなメカニズムで発症したAGAに対しては、この男性ホルモンや特定酵素に直接、働きかける作用を持った治療薬を使用することが重要であり、その治療薬として挙げられるのが成分としてプロペシアを含んだ、一般名フィナステリドと呼ばれる治療薬です。

一般名フィナステリドの中に含まれているフィナステリドは、米国メルク社が開発した薬のひとつで、男性ホルモンをDTHに変換してしまう5α-リダクターゼを阻害する作用を持っており、つまりは5α還元酵素阻害剤としての役割を果たすと言うものであり、元々は男性の前立腺疾患治療の現場で使用されており、別の薬と組み合わせることで前立腺肥大症の症状の進行を抑える効果があります。
日本においては一般名フィナステリドのみが、米国メルク社の日本法人であるMSD製薬から販売されており、1日1回の内服を続けることによって、男性ホルモンと5α-リダクターゼを原因とするAGAの改善に高い効果が見込むことができます。

ただしプロペシアを含んだ一般名フィナステリドの服用に関しては、いくつか注意点があります。まずは女性禁忌だと言う点です。女性の体内にも僅かながら男性ホルモンが分泌されており、加齢と共に女性ホルモンの分泌量が減少すると、男性ホルモン優位となり、女性でもFAGAと呼ばれる脱毛症が発症することがありますが、だからと言って一般名フィナステリドを女性が服用することは認められていません。
女性の体内の男性ホルモン分泌に作用が及ぶと言うことは、同時に女性ホルモンの分泌バランスにも影響を及ぼすことであり、その結果として、心身面でのトラブルが発生する可能性も否定できないためで、また特に妊娠を目指している女性や、妊娠中の女性はこの治療薬の割れた欠片にすら触れることが禁じられています。
これはその女性の健康に対しての影響は勿論のこと、胎児の健康に対しても影響が及ぶ可能性があるためで、特に胎児が男児であった場合、プロペシアの成分によって男性器の形成に影響が及ぶ可能性があることも報告されていますから、この薬を服用している男性で、周囲に妊娠を目指している女性、あるいは妊婦さんがいる場合は配慮が必要ですし、妊娠を目的とした性交渉を持つ場合は、その期間中はフィナステリド配合薬の服用は中止した方が安心です。
それから、ポストフィナステリド症候群も頭に入れておくべき注意点で、この症状としては男性ホルモンに作用が及ぶため乳房が膨らむ、体毛が薄くなると言った体の女性化や、性欲や活力が減退すると言った症状、更には勃起不全や精子の減少と言った男性機能の低下などを挙げることができます。また内服薬として成分を体内に取り込むので肝臓への負担もある程度は避けることができないため、元々、肝機能が弱っていた人は肝機能低下の症状が出てくる場合もあります。
フィナステリド摂取には、副作用発症の可能性があることが報告されているのですが、その副作用はフィナステリド摂取を中止するとなくなるのが一般的で、しかしポストフィナステリド症候群は、薬の服用を止めたのに副作用が続いたり、止まっていた副作用が、薬の服用を再開してもいないのに、数週間から数カ月後に再発すると言うのが特徴です。
ですから、一般名フィナステリドをはじめとするプロペシア成分を、AGA治療目的で使用する場合は、専門医と副作用などについてもじゅうぶんに相談し、それらに納得したうえで服用することが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です