AGAと生活習慣に関して見直したい事とは

AGAの症状が現れ始めると誰でも髪の毛の状態や頭皮の健康ばかり気になってしまい、正しく原因を把握するという部分にまで気が回りませんが、実は症状を改善させて予防も行うためには原因を知ることがもっとも大切であり、AGAは遺伝性の問題ばかりでなく後天的な原因が深く絡んでいることを理解しなければなりません。
確かに父親や祖父などの親族の多くに薄毛の症状が現れているケースもあり、遺伝的に男性ホルモンの影響を深く受けてしまう体質の人はいるのですが、遺伝的な問題だけで発症するケースよりも乱れた生活習慣が引き起こしているケースの方が圧倒的に多いので、生活習慣に自信の無い人で薄毛に悩まされている場合には一度見直してみる必要があります。

AGAの発症に深く関わっていると言われている習慣の一つに喫煙が挙げられますが、どうして喫煙をすることによって髪の毛の成長が阻害されるのかというと、タバコには血管を収縮させる作用があり、頭皮の血行が悪くなって必要な栄養素が毛根まで届かなくなるために毛母細胞の働きが鈍るためです。
血流の悪化はお酒の飲み過ぎでも起こることがありますので、毎日の飲酒を習慣にしている人は気をつけなければなりませんが、飲む量がそれほど多くなければ逆に血行改善の働きが期待できると言われていますので、飲み過ぎていなければそれほど問題になることはありません。
血行不良は現代人の大きな問題となっているストレスによっても起こりますので、ストレスを受けているという自覚のある人はうまく発散できる方法を考えたり、ストレスを排除する方法を探さなければなりません。
また、いくら血流の状態に問題がなくても偏食やダイエットなどによって栄養不足が深刻な場合には毛根まで栄養が届かなくなりますので、必要な栄養素をバランス良く摂取できるようにメニューを考えることも大切です。
その他、寝不足によっても発毛力は低下することがありますので、日々の睡眠は足りているか、睡眠の質は良いかを考える必要がありますし、問題を発見したら改善できるように少しずつ生活リズムを変えていかなければなりません。

AGAという言葉はすでに多くの人が知っていますが、まだまだ生活習慣が薄毛や抜け毛の発症に絡んでいると考える人は少ないようです。
全身の血流が悪ければ当然頭皮の血流も悪くなりますが、実際にどのような状態かを知るためには頭皮を触っているとすぐに分かりますし、肩こりが酷かったり眼精疲労に悩まされている場合にも可能性が高いと考えられます。
血流を一時的に改善する方法として頭皮マッサージが非常に有効であり、最近では毛細血管を拡張して血行を促進させるタイプの育毛剤も売られていますのでこれらを取り入れるという方法もありますが、どちらも体の状態が変わらなければ根本的な解決にはなりませんので、やはり本格的に改善させたいなら生活習慣を改める必要があります。
特に喫煙やストレス、栄養不足の影響は深刻であり、髪の毛だけでなく全身の健康状態において様々な影響を及ぼす恐れがありますので、そのままにすることは良くありません。
このような生活習慣の改善が必要なケースでは、できることから少しずつ変えていくという方法が継続しやすいので、即効性が望めずすぐに効果がでないのではないかと考える人も多いようですが、複数の要素を改善できればその分幅広い効果が期待できますし、体の内側から働きかけるにはやはり生活の仕方を変えていくしかないのです。
生活習慣が絡んでいるということからも分かるように、体の状態が良い人は髪の毛の問題を抱えていることが少なく、反対に健康状態に不安がある人は薄毛などの症状に悩まされていることが多くなります。

AGAの原因に関して~症状や治療法など

AGAとは男性型脱毛症と訳される症状で、思春期以降の成人男性に見られる薄毛の症状ですが、他の薄毛の症状とは異なり、ひとつは後頭部を中心にOの字を描くようにして大きく薄毛が広がる、もしく前側頭部にMの字を描くように薄毛が進行していくのが特徴で、どちらかのみが発症する人もいれば、両方混合で症状が出てくる人もいます。
初期の段階では発毛や育毛のサイクルが休止期に突入するため、太く長い毛の抜け毛が目立つようになり、その後、抜け毛の症状は見られなくなりますが代わりに地肌が透けて見えるような薄毛の症状が目立ってくるようになり、そのまま薄毛が進行していくと先に述べた部位の毛がほとんどないと言うような状態を招くことも少なくありませんし、発毛周期そのものが大きく乱れてしまうと、治療に時間がかかる、あるいは治療の効果を得にくくなるため、早期の段階で適切な治療を受けることが重要です。

男性型脱毛症が発症する原因は頭皮の健康状態、更に体全体の健康状態、生活習慣、遺伝など様々ありますが、その最たるものは男性ホルモンのテストステロンと特定酵素の働きによるものだと言われており、男性ホルモンであるテストステロンが、発毛に欠かせない役割を果たしている毛乳頭細胞にあるアンドロゲン受容体に入ると、そこで5a還元酵素の作用を受けます。
この5a還元酵素には、5α還元酵素1型と5α還元酵素2型があるのですが、これの作用によってテストステロンは、ジヒドロテストステロンと言う物質に変換されてしまい、元々、男性ホルモンは発毛に対しては抑制する作用を持っているのですが、このジヒドロテストステロンは更に強力な男性ホルモンとも呼べる物質であるため、発毛や育毛、また毛周期に対して抑制する力を発揮してしまうと言うわけです。
アンドロゲン受容体と結合したジヒドロテストステロンは細胞の核に移動し、それによって毛乳頭細胞がつくる発毛などの指令因子が調節されてしまった結果、脱毛因子であるTGF-β1が増加してしまい、脱毛指令であるFGF-5が発令されてしまうと言うのが男性型脱毛症のメカニズムです。
5a還元酵素の内、5α還元酵素1型は全ての毛の毛乳頭細胞にあり、5α還元酵素2型は前頭部や頭頂部の頭髪の毛乳頭細胞に分布しているため、特に後者のアンドロゲン受容体とテストステロンが結合してしまうとその部分の発毛が抑制され、薄毛が進行していくようなAGAの症状が出やすくなると言う具合です。
また強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンには、皮脂を過剰に分泌させる作用もあるため、それによって頭皮の健康状態が損なわれ、発毛周期などが乱れてしまうことも原因のひとつです。

男性型脱毛症の最たる原因は男性ホルモンと5a還元酵素の結合、そしてそれによってTGF-β1が増加したり、FGF-5の指令が出されてしまうことですから、治療においてはこれらを阻害、抑制することに重きが置かれており、男性ホルモンや5a還元酵素の結合に関しては、これらに作用をもたらすフィナステリドと呼ばれる成分が配合された内服薬が処方されることが多いです。
元々は前立腺疾患治療のために開発されたこの成分は、内服薬ですから服用し続けることで、特に早期の男性型脱毛症に対しては高い効果を見込むことができますが、一方で服薬中は勿論のこと、服薬を中止した後や服薬終了後にも副作用が出てくる可能性があるため、服薬に際しては医師とよく相談することが必要です。
またFGF-5抑制に関しては、バラ科の植物のエキスに含まれているたんぱく質が効果があるとして注目を集めていますので、それらが配合された育毛剤などを使用することも治療としては有効です。
そしてジヒドロテストステロンによる過剰な皮脂の分泌を丁寧に洗い流して、頭皮の健康状態を健やかに保つことも必要で、特にこれは、育毛剤を使用する場合にはその成分の浸透を良くするために重要なことです。